スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにも。。。 女+金+権力濫用

最近、何回もブログに何か書こうかなと思ってたが、書くことあまりにも多すぎて、何も書かないということになってしまいました。

今回、ラブストーリを語りたいです。

C'era una volta... (Once upon a time...)

ミラノでは、チュニジア人の未成年者が万引きで警察から捕まえられた。
ruby
彼女は警察に何も言わない。



いつまにか、誰かが警察に電話する。
首相だ!
berlu telefona
「すみませんが、捕まえられた少女がムバーラク(エジプト)大統領の姪だから、外交問題にならないように彼女を釈放して下さい。」



CARABINIERETEL
「首相、悪いですが、少女が未成年者ですので、信頼できる大人の責任者が必要です。」



berlu telefona2
「わかった。責任者がすぐ行くから、ちょっと待って。」



MINETTI
「こんばんは!責任者です!」



CARABINIERE
「すごい!貴女はニコルちゃんだね!テレビで見た!」
nicole-minetti-TUTTO



Nooo!
nicole-minetti-01
「それは昔だ!何ヶ月前、ロンバルディーア州議員になりました!今、未成年者を下さい!
ありがろう!」


じゃあ、なぜこれはラブストリーですか?

話し進みましょう。
ロンバルディーア州議員(ニコル・ミネッティさん)が交番から出たとたん、未成年者(ルービーさん)にバイバイと言って、帰宅した。
えぇ?責任者が責任を取るんじゃないの?
で、未成年者は?ミラノの真夜中にどうなる?
大丈夫、ブラジル人ニューハーフ売春婦の家に泊まったから。
。。。売春婦の家?

じゃあ、これはどうしてラブストリー?

というのは、警察が馬鹿じゃないから、あの未成年者がエジプトの大統領の姪じゃないと言うことを発見して、検察官に話して、取調べして裁判が始まった。
首相と州議員が売春関係の犯罪で非難されました。
検察官の取調べが進んでて色々なことが出てきた。腐敗、コカイン、威嚇。。。

でも、今回ラブストリーを語ろうと約束したので、愛たっぷりのパーティに関して話そう。
説明が難しい、とにかく、首相の家に沢山の若い美女が呼ばれて、エッチパーティが行われてた。エロイキスしたり、色々触ったり、で食後、首相の部屋の前に列に並んで、入ったり出たりなどなことが普通だったらしいです。
こんなに愛を愛してる老人がいるかな?
どうだろう。イタリア首相だ!
愛の後はプレゼントをあげることがただの優しさだ!
「私がただのチャリティーをやってたよ!」と説明した首相に信じないの?

去年、首相が自分の政党に「愛党」のあだ名をつけた。
今わかった。

VIVA L'AMORE
スポンサーサイト

theme : イタリア
genre : 海外情報

国際女性デー

国際女性デーは3月8日だった。
イタリアはその日に女の人達がミモザをもらう。
mimosa

国際的にイタリア人のイメージは女の人をとても大切にするイメージじゃないですか?
でも大切にするには色んな意味があります。
今回、イタリアの社会/政治がどのような感じで女の人を扱うかに関して書きたいです。
多分一つのブログだけでは足りないかも。

よく、いろんな(見せかけ)文化には、女性が物と同じように扱われてるということが告発されてる。
みんな思うのは、男性がウェートレス的、メード的、ロボット的な女を欲しいからなんじゃない?
多分。
僕は心理学者じゃないから良くわからない。
しかし、僕さえわかってるのはイタリアで新しい考え方がある。

物の目的は何ですか?誰かから持たれることじゃない?だから人間は物を買ったり、あげたり、もらったりする。
イタリアではさいきん、女の人が文字通り物として扱われてる。
詳しく言うと、プレゼントとして!!!

民間防衛ってわかる?
イタリア民間防衛局長はGuido Bertolaso氏(写真でオバマ大統領の隣に)です。
bertolaso obama

Diego Anemone氏(建築会社長)が
anemone
Bertolaso氏にとり入るために売春婦をプレゼントした!
女性をあげたよ!
・はい、どうぞ!
警察がした電話盗聴のおかげで新聞にも出た。
Anemone氏が他の人と話して「今夜、500点上げたぞ!」と言ってた。と言うのは民間防衛局長に女性を渡して、絶対自分のビジネスがうまくいく。
とにかく、民間防衛局長が交尾に失敗した。でも、楽しかったらしい。
でも、どうして建築会社社長が民間防衛局長に媚を売るの?
このようなことはイタリアだけ!というのは、イタリア民間防衛長は首相のすぐ下のレベルだから超力を持ってる!更に、新しい法律で、特別なイベントも指導する(国連、G7のサミットなど)。サミットのために沢山の下部構造を造らないといけない。だからAnemone氏がBertolaso氏にとり入りたかったんだよ!
とにかく、普通の賄賂じゃなくて、女性がものとして扱われて、プレゼントとして渡された。
これはとても意味深いことだと思う。
特に、考えるべきなのは、そいつらのやり方に限らず、結構広がってきた方法だよ。
たとえば、警察の取調べにより、売春婦の350人以上が載っていた給与台帳を隠してた会社があったということが洗い出された。

もちろん、首相も関係ある。
silvio

Gianpaolo Tarantini氏は保健系ビジネスマンです。
tarantini

こいつも自分のビジネスを広げるため、政治家のために売春婦 (コカインのうわさもある)パーティーをやってた。
Tarantini氏がベルルスコーニ首相に数十人の女の人を紹介した。まあ、紹介というより輸送といえるけどね。
その女性たちの中に、Patrizia Daddario氏(写真でベルルスコーニ首相の隣に)
daddario berlusconi
と言う一人は小さいテープレコーダーを持って行って全部録音した。
そのテープのおかげで、イタリアの腐敗は色んなレベルがあるし、恥ずかしい人がいないし、女性は贈呈品として扱われてるということを皆がわかることが出来た。
残念ながら、皆があきらめたみたいなのでそんなにでかいスキャンダルにならなかった。
まあね。
もう、慣れた。
例えば、二月、アルバニア首相(Berisha氏)と一緒に
berlusconi berisha
の会議の記者会見中に、不法入国者に関して話して、ベルルスコーニが「アルバニアの美人がイタリアに来ても良い」と言った。
だけど、よくアルバニア人の女性を無理矢理売春婦をやらせるということが大変な現実だから、首相がそのようなコメントを出すのはやめて欲しい!!!

とにかく、イタリアで女性の人生は簡単じゃない。
これは皆知ってる。
ですが、自由のためにすごく頑張った戦後の女の人はこんな状態が出てくると心配してたかな?
多分、彼女たちにとってありえないことだったかも。

theme : イタリア
genre : 海外情報

賄賂通り

ベッティーノ・クラクシ
(Bettino Craxi、ミラノ1934年2月24日 - ハンマメット(チュニジア)2000年1月19日)
ベッティーノ・クラクシ

クラクシ氏が日本であまり知られてないが、イタリアに興味がある人はちょっと知ってたほうがいいと思います。
彼のお父さんは反ファシストだったので、クラクシが社会党に入った。党内で昇格して。。。権力を大きくして。。。社会党はだんだん右派に近づいてきて。。。1983年に首相になる。
イタリアでは、初めて偽り 社会主義者が首相になった。
クラクシと彼の周りに日和見だけが守られた主義だった。
4年間で、経済と労働の状態はちょっと良くなったが、公債が29兆円から64兆円になった!!!
なんで?経済が良くなったくせに!?!
そして、1985年はテレビ周波数免許に関する政令が公布された。この政令はイタリアを解る為にとても大切です。1985年までイタリアの国営放送局(イタリア放送協会 - 通称 RAI)だけ全国チャンネルを使って放送する権利があった。しかし、ベルルスコーニ氏(現在首相、1985年に彼はただの建築・マスメディア企業家だった)が超法規的処置を講じて、司法官から止められた。ベルルスコーニとクラクシが大親友だった。だから、ベルルスコーニの資本を守るためにさっき言った政令が生まれた。それのおかげでベルルスコーニがイタリアのテレビと広告(CM)の王様になることが出来ました。
ベルルスコーニ(左) ・ クラクシ(右)

1992年2月17日にイタリアの歴史が変わる。
社会党の政治家(キェーザ氏)が警察から捕えられた。彼が政治界の腐敗に関して告白した。その日から警察と司法官の調査が広がって大部分のイタリアの政治家が巻き込まれた。
政治界では賄賂が普通で、必要で、やるべきことだということが確かめられた。
沢山の裁判が始まって、一番大きかったのはマーニ・プリーテ(清潔な手)と呼ばれた。すべての調査と裁判はタンジェントポリ(賄賂町)と呼ばれた。
沢山の政治家が黙ってたが、クラクシがいっぱい話した。沢山の犯罪を認めた。だけど、彼にとって、賄賂はシステムになったからそれをやるしかなかった。みんなが政党のためにお金を集めるために犯罪をしていた。
しかし、警察と司法官が確かめたのはちょっと違う。確かに政治家が政党のためにお金を盗んだり、違法的にもらったり、頼んだり。。。クラクシ以外!クラクシが自分のために大きいパーセンテージを拾ってた。
なぜ?
お金だから!アパート、車、別荘、資本を持つために!
で、有罪判決を下されるちょっと前にハンマメット(チュニジア)に逃げた。
どうしてチュニジアに?
イタリアがチュニジアに犯罪者の身柄引き渡しを要求することが出来ないからです。
元首相が逃亡中犯人になった!!!
さすがイタリアだね! d(^_^)V

じゃあ、どうしてこの話したの?
なぜなら、イタリア人は記憶力が悪いということを説明したい。
タンジェントポリの頃、皆が腐敗した政治家のことを大嫌いだったし、警察と司法官がヒーローと呼ばれてたし。。。
今は?
今はベルルスコーニが首相だ。

更に、何週間前、ミラノの市長が通りにクラクシの名を付けたいと発表した!!!
しんじられない!!!
逃亡中犯人だよ!
同時に、右派につながってるテレビチャンネルと新聞が、クラクシに関してやさしく、同情して語ってた。
タンジェントポリとクラクシに関する嘘の歴史を書きたい気持ちは分かるよ!この10年間、罪を犯した政治家を守るために沢山の嘘をついた。
だけど、逃亡中犯人を聖人の列に加えることはやりすぎだと思わない?

考えてみて、「マハトマ・ガンディー通り」と「マーティン・ルーサー・キング通り」の間に「ベッティーノ・クラクシ通り」があったら?
どう?

直接「賄賂通り」と書いたほうが良いんじゃない?
分かりやすくなる。

クラクシの彫像

興味があったら、クラクシの彫像を見学すれば?
アウッラ (Aulla ・ トスカナ州)にある。

theme : イタリア生活
genre : 海外情報

プロフィール

triste italiano

Author:triste italiano
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。