スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賄賂通り

ベッティーノ・クラクシ
(Bettino Craxi、ミラノ1934年2月24日 - ハンマメット(チュニジア)2000年1月19日)
ベッティーノ・クラクシ

クラクシ氏が日本であまり知られてないが、イタリアに興味がある人はちょっと知ってたほうがいいと思います。
彼のお父さんは反ファシストだったので、クラクシが社会党に入った。党内で昇格して。。。権力を大きくして。。。社会党はだんだん右派に近づいてきて。。。1983年に首相になる。
イタリアでは、初めて偽り 社会主義者が首相になった。
クラクシと彼の周りに日和見だけが守られた主義だった。
4年間で、経済と労働の状態はちょっと良くなったが、公債が29兆円から64兆円になった!!!
なんで?経済が良くなったくせに!?!
そして、1985年はテレビ周波数免許に関する政令が公布された。この政令はイタリアを解る為にとても大切です。1985年までイタリアの国営放送局(イタリア放送協会 - 通称 RAI)だけ全国チャンネルを使って放送する権利があった。しかし、ベルルスコーニ氏(現在首相、1985年に彼はただの建築・マスメディア企業家だった)が超法規的処置を講じて、司法官から止められた。ベルルスコーニとクラクシが大親友だった。だから、ベルルスコーニの資本を守るためにさっき言った政令が生まれた。それのおかげでベルルスコーニがイタリアのテレビと広告(CM)の王様になることが出来ました。
ベルルスコーニ(左) ・ クラクシ(右)

1992年2月17日にイタリアの歴史が変わる。
社会党の政治家(キェーザ氏)が警察から捕えられた。彼が政治界の腐敗に関して告白した。その日から警察と司法官の調査が広がって大部分のイタリアの政治家が巻き込まれた。
政治界では賄賂が普通で、必要で、やるべきことだということが確かめられた。
沢山の裁判が始まって、一番大きかったのはマーニ・プリーテ(清潔な手)と呼ばれた。すべての調査と裁判はタンジェントポリ(賄賂町)と呼ばれた。
沢山の政治家が黙ってたが、クラクシがいっぱい話した。沢山の犯罪を認めた。だけど、彼にとって、賄賂はシステムになったからそれをやるしかなかった。みんなが政党のためにお金を集めるために犯罪をしていた。
しかし、警察と司法官が確かめたのはちょっと違う。確かに政治家が政党のためにお金を盗んだり、違法的にもらったり、頼んだり。。。クラクシ以外!クラクシが自分のために大きいパーセンテージを拾ってた。
なぜ?
お金だから!アパート、車、別荘、資本を持つために!
で、有罪判決を下されるちょっと前にハンマメット(チュニジア)に逃げた。
どうしてチュニジアに?
イタリアがチュニジアに犯罪者の身柄引き渡しを要求することが出来ないからです。
元首相が逃亡中犯人になった!!!
さすがイタリアだね! d(^_^)V

じゃあ、どうしてこの話したの?
なぜなら、イタリア人は記憶力が悪いということを説明したい。
タンジェントポリの頃、皆が腐敗した政治家のことを大嫌いだったし、警察と司法官がヒーローと呼ばれてたし。。。
今は?
今はベルルスコーニが首相だ。

更に、何週間前、ミラノの市長が通りにクラクシの名を付けたいと発表した!!!
しんじられない!!!
逃亡中犯人だよ!
同時に、右派につながってるテレビチャンネルと新聞が、クラクシに関してやさしく、同情して語ってた。
タンジェントポリとクラクシに関する嘘の歴史を書きたい気持ちは分かるよ!この10年間、罪を犯した政治家を守るために沢山の嘘をついた。
だけど、逃亡中犯人を聖人の列に加えることはやりすぎだと思わない?

考えてみて、「マハトマ・ガンディー通り」と「マーティン・ルーサー・キング通り」の間に「ベッティーノ・クラクシ通り」があったら?
どう?

直接「賄賂通り」と書いたほうが良いんじゃない?
分かりやすくなる。

クラクシの彫像

興味があったら、クラクシの彫像を見学すれば?
アウッラ (Aulla ・ トスカナ州)にある。
スポンサーサイト

theme : イタリア生活
genre : 海外情報

プロフィール

triste italiano

Author:triste italiano
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。