スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフィアに関して黙れ!

イタリアの首相が自分の場違いな軽口で悪名が高い。

知ってたでしょう?

例えば、オバマ大統領が良い日焼けしてるということを言い出した時、覚えてる?

ほぼ毎週、ベルルスコーニが何かの変なコメントを吐く。

でも、今回あらゆる限界を越えた。


でも、先に、小さな前置きをやらせて頂きます。

イタリアのガンは何ですか?

マフィアだよね。

で、マフィアは何が欲しい?

omertàです。wikipediaで調べるとこの定義を読める:「服従と沈黙の掟」。(もっと知りたい人にどうぞ:日本語英語イタリア語。)

だから、マフィアに傷つけるように、マフィアを弱めるために何をした方が良い?

話したり、デモしたり、警察に告発したり、弁護士と相談したりなど。とにかく黙っちゃだめ!もちろん簡単じゃないけど少なくとも基本的な理解力のある人間はこれを解して、賛成するはずですね。


今、首相に戻る。

ベルルスコーニ首相がMaroni内務大臣と一緒に
berlusconi maroni
記者会見中以下のコメントを出した:

「僕の内閣のおかげで5000人のマフィアが逮捕されて、100億ユーロ(1,3兆円 *訳注)が戻った。

世界中、イタリアのマフィアは国際組織犯罪の中にただ6位ですよ。思われてるよりそんなに強くない。ただ、沢山の人がマフィアに関して書きすぎたり、見せすぎたりするからだよ!マフィアのドラマなど記者の本など、そいつらのおかげでマフィアが強くなる!ロベルト・サヴィアーノの「死都ゴモラ」と言う本などのせいでイタリアの顔がつぶれるよ!」
savianogomorra-jp




更に、11月にベルルスコーニ首相が「"La Piovra"と言うマフィアのドラマを作った人たちを薬殺したい!」と言った。


し...深呼吸しましょう...


もう一回...


ok


...


ばかやろう!!!

じゃあ、ジャーナリストが何をすれば良い?

黙る?

情報を無視する?

サッカーとセレブのニュースしか出さない?


沢山の記者がマフィアから殺されたと言うことを首相が忘れたかも。どうしてマフィアがそのジャーナリストを感謝するかわりに発砲したの?というのは、正直な記者の記事でマフィアが強くなることが最悪な嘘だから!もちろん!マフィアは出来るだけ透明になりたい。そうしたら、スムースに闇取引を続けられる。

そうして、ロベルト・サヴィアーノ氏が「ゴモラ」と言う本を書いてから警察の護衛無しでは暮らすことが出来ない。というのはカモッラ(カンパニア州のマフィア)が彼を殺したいから。

その上、沢山のマフィアのドラマはmediaset放送会社から作られてる。。。オーナーはベルルスコーニ首相だよ!

で、ロベルト・サヴィアーノ氏の「ゴモラ」などの沢山のマフィアに関する本はmondadori出版社とeunaudi出版社から出版されてる。。。オーナーはベルルスコーニ首相だよ!

だから、何の文句を言ってんの?


しかも、「僕の内閣のおかげで5000人のマフィアが逮捕されて、100億ユーロ(1,3兆円 *訳注)が戻った」と言うのはどうゆう意味?

首相と大臣本人達がマフィアの人達を捜したり、捕まえたの?

イタリアはもしかしたら変な国だが、そこまでありえない!

警察、カラビニエーリ、司法官などちゃんと働いて、リスクいっぱいとって、大きな犠牲を払って、マフィアを戦う。

内閣は関係ない!

特にマフィアに関する捜査がとてもデリケートだから時間かかって、だから始まった時全然違う内閣があったかも!

そうして、何回も裁判にかけられたことあるから(今もいくつかの裁判にかけられてる)、首相が裁判の仕事をする人をいつも攻撃する。「共産党の判事」、「タリバンの司法官」、「左翼政党が僕に勝てないから、私を打ち負かすために司法を使いたい」などのような誹謗で司法官達の公認を取り下げたい。でも、彼らがマフィアと犯罪者を捕まえるよ!司法官を侮辱しながら、司法官の仕事を使って、自分のことと自分の徒党のことを自慢する!!!

そうして、ベルルスコーニの家でVittorio Mangano氏
mangano
と言うマフィアの人が何年間住んだことある(馬丁として採用された。。。彼が電話で「馬」という言葉を言ってた時、実は「コカイン」の意味だった、後で警察がわかった)し、首相の一番親しい友達のMarcello Dell'Utri氏
berlusconi dell'utri
(首相の片腕も、「Forza Italia」と言う首相の政党の考案設立者もである)がマフィア関係犯罪で有罪とされたし、Gaspare Spatuzza氏
spatuzza
(元マフィア、現在警察や検察の協力者)がベルルスコーニ氏などの北イタリアのビジネスマンとマフィアの関係に関して告白した。

上述のことがもう新聞に出たが、今回首相が大変なダメージを受けなくて、もうしかして、これからそのようなリスクを避けたいからマフィアに関して黙らないと?多分そんなことないけど、沢山の人はふと疑わしく思ったよ。


私は海外に住んでるし、外国人いっぱい知ってるし、で、ベルルスコーニ首相が言う通りイタリアが国際的にいつも良いイメージあるわけない。

でも、イタリアの悪いイメージの話が出る時、マフィアなどの言葉より「変な首相」と言う言葉の方が先に出る。

もちろん、イタリアのことは詳しくない外国人によって、ベルルスコーニはただのイタリアのステレオタイプに近い変な首相だ。

けど、詳しく調べると笑うことが一つもない。
スポンサーサイト

theme : イタリア
genre : 海外情報

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ベルルスカね~かなりいっちゃっているから。でも、個人的には嫌いじゃないですね。
プロフィール

triste italiano

Author:triste italiano
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。